HOW TO

2019.07.04

今の時期必見!
クローゼットをじめじめさせないコツ。

じめじめした日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

この不快感は、私たちだけではなく洋服たちも感じています。そこで、クローゼットの湿気対策で大切なポイントをご紹介します。簡単にできることなので、ぜひ参考にしてください。

①パンパンに洋服を詰め込まない。
②定期的に風を通す。
③すぐにクローゼットにしまわない。
④除湿剤を使う。

①パンパンに洋服を詰め込まない
クローゼット内が洋服などでパンパンに詰まっていると、風も通らずカビが発生する原因にもなります。手が差し込めるくらいの隙間をあけて収納するといいでしょう。
そうはいっても他に保管場所がない方には、当店の保管サービスをお勧めします。(半年保管で1点につき432円~で承っていますよ)クローゼット内はシーズンのものだけしまうのがベストです。

②定期的に風を通す
相当忙しい方か、大雑把な方でない限り大抵クローゼットの扉は締まっていますよね。
ですので、クローゼット内には湿気がたまりよくありません。
週に1度、30分だけでも構いません、扉を開けて扇風機やサーキュレーターなどで風を通し、空気の入れ替えを行いましょう。これは、ジメジメしている時期に限らず常に行うことをお勧めします。

③すぐにクローゼットにしまわない
その日着用した洋服をしまう際にすぐにクローゼットにしまうことは避けましょう。着用した洋服をしまう場合は、最低でも1晩は壁や、ドアノブなどで、風通りの良い場所で吊るし、たとえ雨でぬれていなくてもしっかり乾かしてから収納しましょう。

④除湿剤を使う
湿気は水分です。つまり空気よりも重く、下に溜まりやすいので、バーに引っ掛けるタイプの除湿剤だけでは万全とは言えません。まずは置き型の除湿剤を設置し、引っ掛けるタイプのものと併用することをお勧めします。
防虫剤を使用する場合は、防虫剤の成分も空気よりも重く下へ降りていきますので、設置は上の方がいいでしょう。

洋服のメンテナンスはちゃんとしててもクローゼットの環境が悪ければ元も子もありません。クローゼット内を清潔に保てば、大切なお洋服もより永く着用できますよ。是非皆さん実践してみてください。

 

WARDROBE TREATMENT SNS
Instagram
Facebook
Twitter
LINE@